代表的な信用期間のJICC の内容を記載しています。

指定信用情報機関

JICC 株式会社日本信用情報機構から引用しています。

本人を特定するための情報

 

信用情報機関には加盟する会社の顧客情報・キャッシングの履歴などの情報が登録されています。

○登録期間
契約内容に関する情報等が登録されている期間

 

契約内容に関する情報

 

登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等

○登録期間
契約継続中及び完済日から5年を超えない期間

 

返済状況に関する情報

入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等

 

○登録期間
契約継続中及び完済日から5年を
超えない期間
(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

 

取引事実に関する情報

債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等

○登録期間
当該事実の発生日から5年を
超えない期間
(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間

 

 

情報開示提供(自身のローンやクレジットなどの契約内容や支払状況等に関する情報を確認)もしていますので審査に気になるようでしたら情報開示してみてはいかがでしょう。

登録内容一覧

手続は携帯電話・郵送・窓口での開示が可能です。

指定信用情報機関記事一覧

CICとはクレジット会社の共同出資(日本クレジット産業協会・全国信販協会・日本信用情報センター)によって1984年に設立された個人信用情報機関。個人信用情報センターが発足され、1991年に「株式会社シー・アイ・シー」に社名を変更しています。あくまでもクレジット会社が顧客の信用の判断材料として利用しています。「さらに信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。」と公式サイ...