審査基準

要はあなたがきちんと最後まで支払いを滞ることなく完済できるかどうかの審査することですが、一般的な審査基準を記載しています。

 

まずは申込みしたら債務状況が確認され他社借入れ状況や返済能力があるかどうか確認されます。
長期に滞った場合は登録されローン事故となってしまいます。

 

属性モデル

家族構成・年齢・職業・勤続年数・固定電話・住居形態・居住年数・保険の種類など総合で属性モデルが確立され過去の利用者と比較することで返済できる属性モデルであるかどうか判断している。

 

事実確認

事実確認は申込みに記載したものが事実と合い重なっているかということです。
勤務先などは在籍確認で実際に電話を掛けて確認したり、会社は情報機関に紹介したりとひとつづつ照合していきます。

 

 

 

情報の管理をしている機関

1JICC((株)日本 信用情報機関 )http://www.jicc.co.jp
貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関の与信などの個人信用情報機関

 

2CIC((株)シー・アイ・シー) http://www.cic.co.jp
主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟している個人信用情報機関。

 

3全国銀行協会 http://www.zenginkyo.or.jp
銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟している個人信用情報機関

 

上記3つの信用機関では一部の情報を共有をしています。さらに債務整理の事故情報は「CRIN」を導入し情報の共有をして、貸し過ぎ、借りすぎを防ぎ改正貸金業法の総量規制、年収の1/3以上の借入はできない(銀行は別)など判断しています。

 

個人の情報はあなたが取り寄せることも可能です。今後クレジットカードやカードローン・住宅ローン・マイカーローンなどを検討の方には現状のあなたの審査内容を把握しておくことも大切です。

 

窓口で開示
郵送での開示
インターネットで開示

 

など手頃な価格であなたの情報が見れますからいざ何かを申込む前に確認してみてはどうでしょうか。各公式サイトで確認してください。